-

どこの病院にかかるかというのは、健康を保つためにとても重要な選択です。 頻繁に通う必要があるのであれば、近所の通いやすい病院の方が良いですし、 難しい治療を行う必要があるのであれば、その病気の研究が進んでいる病院まで 行く方が良いです。 私は、かかりつけの病院は風邪などの時に通う内科だけの病院と、定期的に 検査に通っている総合病院、それから入院をするような病気の時には大学病院 に行くようにしています。 病院の選択肢は多い方が良いです。病院自体がとてもよくても、先生との 相性がイマイチということもあります。さらに検査体制がどれくらい整って いるかということも重要な判断材料になります。やはり小さな病院ですと 血液検査の結果が即時で出せないということも多いのです。 人は生きているといろいろなところに不具合が生じてきます。健康に 生きていくためには、自分に合った病院選びを早いうちから意識的に 行っておくと高齢になっていった時に、病院を見る目ができている ようになります。