-

関西在住の頃、年に数回は京都を訪れていました。京都を訪れるたびに、ある宇治茶園が開いたお茶専門の喫茶室に行くのを楽しみにしていました。 繁華街のビルの2階にある小さなお店です。週日は比較的空いており、ゆっくりとした雰囲気でお茶を味わう事ができました。 番茶、煎茶、抹茶、紅茶等とそれに合うお茶菓子がセットになっています。 自宅で飲むお茶に比べて味わいと香りが非常に高く、これが本当のお茶の味だといつも感心させられました。 お茶をいれるお湯の温度が、最も重要な要素です。しかし、その店で購入した煎茶の茶葉をお店の推奨温度のお湯で入れても自宅では味わいが違うように思えます。 水の違いか、雰囲気の違いか、一緒にいただくお茶菓子のためか分かりません。 もしかしたら、そこが京都であるという事が最も影響しているのかも知れません。 関西を離れて、京都にも長く行っていませんが、あのお茶専門の喫茶室はまだあるでしょうか。 ぜひ京都を訪れ、あの香りと美味しい味のお茶をもう一度楽しみたいと思っています。